2021年11月30日火曜日

文化史学会・文化史学科共催講演会「ベラルーシの怪異―ロシアとヨーロッパの間―」

 文化史学科研究室です。

学会生が作成したポスター


文化史学科では毎年秋に外部の先生をお招きし、講演会を開催しています。

この講演会は文化史学会との共催企画です。

企画、準備、講師の先生とのやりとりなど、全て学生さんが担当します。学外者とのやり取りを通じて、学生さんたちが一回りも、二回りも成長していきます。


そんな学会生さんから講演会の報告が届きましたので、ご紹介いたします。




***

11月15日(月)、慶應義塾大学文学部准教授の越野剛先生をお招きして、文化史学会・文化史学科共催講演会が開催されました。

会場内の様子です
たくさんの学生さんたちが熱心に話を聞いています
「ベラルーシの怪異~ロシアとヨーロッパの間~」というテーマで行われた今回の講演会では、ベラルーシにおいて歴史上語り継がれ、守られてきた伝承や作品の中に出てくる妖怪や精霊、幽霊といった不思議な怪異についてお話しくださいました。

名前は知っているもののなかなか注目する機会がないベラルーシでしたが、本題に入る前にベラルーシの位置する場所や歴史、周辺国との関係性などの基本的なことまでお話しくださったのでその後の講演をより深く理解できました。

私たちが暮らす日本でも、妖怪や精霊といったものは、見たことはないけれど誰もが知っている、耳にしたことがあるとしてなじみがあるものだと思います。しかし、それは日本から遠く離れたベラルーシにも昔から存在していて、今でも語り継がれている、伝承されているというのは、今まであまり知らなかったベラルーシに、国境を越えた共通点を見つけられたような気がして親近感を抱くことができました。

質疑応答も活発におこなわれました
今年度は茶話会を開くことができなかったのは残念ではありますが、講演会の中に新しい発見や知らないものとの出会いがたくさんあり、とても有意義な時間になりました。













***

講演会はコロナ禍での開催ということで、「死生学」の授業を受講している学生以外はオンラインでの参加となりました。

教室では140名近い学生さん、教職員さんが、オンラインでは20名ほどの方々がご参加くださいました。

もちろん、教室で講師の先生の話を生で聞き、その時間を共有することも大切です。しかし、オンラインならば日本全国、海外からもアクセスすることができます。もちろん接続トラブル等の問題もありますが、今後はこのような会場とオンライン上を繋いだハイブリッド式の講演会が増えていくように感じました。

文化史学会生にとっても、文化史学科にとっても初めての試みとなりましたが、ここで得たノウハウを来年度以降にも伝えていきたいと思っています。


講演会にご参加くださいました皆様、ありがとうございました!

越野先生を囲んで


2021年11月26日金曜日

文化史学会 ベラルーシ・ウィーク

文化史学科研究室です。


突然ですが!

大学内に学生さんたちの学習成果を発表できる掲示板ができました!!


これまでは、授業中に、昼休みに教室内での報告会などは実施されてきましたが、それはその一瞬だけ。

そうではなく、ある程度の期間、学習成果を発表展示できることになったのです。


その栄えある第一号として、文化史学会が1号館1階廊下の旧就職課の掲示板に発表展示をおこないました!!


テーマは清泉祭に引き続き「ベラルーシ」


清泉祭の2日間だけで終わってしまうのはもったいない!

講演会のテーマであるベラルーシについてもっと知ってもらいたい!

そして、講演会に足を運んでもらいたい!

という希望から、掲示板をベラルーシ色に染め上げました。


学内に学生さんたちが活躍できる場が増え、とっても嬉しいです。

これからもたくさんの学生さんたちに使って欲しいと思っています。

ベラルーシの展示 講演会の宣伝にもなりました





文化史学会 清泉祭に参加!

大学の門を入った先にある
石垣に飾られたポスター
文化史学科研究室です。

今年度の清泉祭は11月6日(土)、7日(日)の2日間に渡って開催されました。
当日は在学生と保護者、受験生のみに門が開かれ、それ以外の方々はオンラインでの参加となりました。

文化史学会では秋の講演会のテーマである「ベラルーシ」について発表展示をおこないました。

後期が始まってから清泉祭係さんたちは何度か集まり、どのような内容の展示にするか、話し合ってきました。
  • 歴史
  • 地理
  • 文化
  • 食べ物
  • ファッション
  • スポーツ
など、様々な分野で下調べをし、展示物を作成しました。

「ベラルーシ」
国名として聞いたことはあるけれど、実際どこにある国なの?
どんな人たちが住んでいるの?
どんな食べ物があるの?

知っているようで知らない、異国の地。
今回の清泉祭の発表展示で少しでもベラルーシについて知っていただけたなら嬉しいです。

また、文化史学科の紹介、歴代の講演会について、先生方の紹介、学生たちの時間割等も発表しました。
受験生の方々は興味深く、展示を見ていました!


そんな清泉祭の様子を写真でご紹介いたします。

学会生たちが黒板に描いたイラスト



ベラルーシの展示を見る狐塚先生

受験生さんの興味は学科の先生!






2021年10月29日金曜日

大学では夏休み中にも授業があるんです! 夏期集中講義の様子 「西洋思想史」


 文化史学科研究室です。

2ヶ月という長い夏休みが終わり、キャンパス内に学生さんたちの姿が戻ってきました。

さて、夏休み中、学生さんたちはどのようにすごしていたのでしょうか?

実は、夏休み中に集中的に授業を受けていた学生さんたちがいるんですよ!

普段は週に1回105分の授業があるのですが、夏休みにおこなわれる集中講義は一週間前後、集中して授業が行われます。朝から晩まで、どっぷりその授業の世界に浸る!という時間を過ごすことができます。

それが大変と思うのか、楽しいと思うのかは学生さんそれぞれなのですが・・・


今日はそんな学生さんたちから、「集中講義ってこんな感じです!」と報告が届いていますのでご紹介いたします。


鈴木先生ご紹介の書籍
文化史学科3年生 Kさん

「西洋思想史特殊講義Ⅱa」鈴木崇夫先生

興味はあるけれど他の授業との兼ね合いから今まで関わることができなかった西洋思想史の講義を、夏休みに学習することができるならと思い、夏の集中講義を受けてみました。

集中講義は1日中同じ先生の同じ講義を受け続けるので、疲れたな、大変だなと思うこともあります。しかし、1日中同じ先生の同じ講義だからこそ時間にとらわれずきりの良いところで休憩をとったり、来週に引き継ぐことなく今聞きたいことをその場で聞くことができます。

西洋思想史特殊講義Ⅱaでは、4日間の集中講義を通して「キリスト教ヒューマニズム」について学びました。この講義では、1日の講義が終わった後に毎回リアクションペーパーを提出します。内容は、①なるほど、納得できたと思うところとその理由、②理解はできたけれど納得ができないところとその理由、③理解ができない、よくわからないところの3つです。そして次の日の講義で、私たち一人一人の疑問や意見に対して解説や回答を行います。思っていることはあるのに文章に表すのが難しい、そんな文字にできない考えや気持ちもここで直接伝えることができます。書きっぱなし、出しっぱなしではなくて一人一人の問題を解決してくれるのはすごく丁寧な講義だなと感じました。

詳しい説明を聞くことができる特殊講義の一面と、納得するまで解説してくれたり一緒に考えてくれる演習のような一面を持った丁寧だけど濃い講義は、柔軟な時間の使い方ができる集中講義だからこその特徴なのではないかなと思います。



大学では夏休み中にも授業があるんです! 夏期集中講義の様子 「学芸員」

文化史学科研究室です。

学生たちが授業を受ける教室

夏休み中におこなわれる授業「夏期集中講義」第2弾のご紹介は、学芸員の資格取得を目指すために必要な科目についてです。

学芸員資格は博物館や美術館で働くために必要な資格です。

毎年30名前後の学生さんたちが資格取得に向けて、勉強しています。しかし、資格取得後、そのお仕事に就けるのは、ほんの一握りです。

そんな学芸員を目指している学生さんから授業の紹介が届きましたので、ぜひ読んでみてください。


文化史学科3年生 Nさん

「博物館学」塚原正彦先生

「博物館資料論」佐々木守俊先生


学芸員課程では、3年生の夏に「博物館学」と「博物館資料論」という集中講義があります。どちらも必修の授業で、学芸員を目指す学生は全員が受講することになっています。今年度はコロナ禍の影響により、どちらもオンライン、オンデマンド形式での授業でした。

博物館学は、その名の通り、博物館とは何かということについて詳しく学ぶことができる授業です。博物館の成り立ちや、今日に至るまでの歴史、今後の博物館が抱える課題などを学びました。集中講義ということで、短期間にやらねばならないことも多く、大変だと感じたこともありましたが、博物館についての知識はしっかりと身に着いたと実感しています。

博物館資料論は、博物館にとって資料とはどのようなものであるか、ということについて学ぶ授業です。今年の博物館資料論では、実際に学芸員になったつもりで展示企画を考え、そこから資料についての考え方を深めることができました。こちらも短い時間で調べ物をしたり、発表準備をしたりと忙しく感じましたが、その分達成感の大きい授業だったと感じています。他の履修生の発表からも学ぶことが多く、とても楽しい授業でした。

集中講義の良いところは、その内容を短期間で学べるところです。同じ授業を履修している履修生同士も仲良くなれる機会が多くありますし、担当教授にも質問などがしやすい雰囲気があります。授業にもよるとは思いますが、授業時間が長い分、そうした和気あいあいとした雰囲気や親しみやすい雰囲気が生まれるのかもしれません。

しかし、上記にもあるように、集中講義で大変なのは短期間でやらなければならないことが多いという点です。その日の授業が終わってすぐ、明日の発表のためにPowerPointや発表原稿を作成する、指定された課題をその日のうちに終わらせる、というように、授業だけではなくその他のタスクも集中型になってしまいがちです。私は前々から計画を立て、コツコツとタスクをこなしたいたちなので、集中講義の課題はいつも少し焦ってしまいます。大変なのはもちろんですが、それも学芸員を目指す自分のためだと思い、張り切って取り組むようにしています。

私が学芸員という仕事を知ったのは、中学生の時でした。私の住んでいた地域では、夏休みの宿題として社会科の自由研究を選択することができ、私はほぼ毎年社会科の自由研究を選択していました。中学二年生の夏に自由研究のテーマに選んだのは、地元茨城県の戦争についてです。茨城県日立市は工場が多く、連合軍に軍需工場ではないかと警戒されて艦砲射撃を受けた歴史があります。実際私の曾祖母の家の屋根には、砲弾が通過した穴が開いていました。また、茨城県阿見町には、海軍飛行予科練習生(通称予科練)と呼ばれる青年たちが訓練していた場所があります。調べれば調べるほど、茨城県が戦争と深い関係にあったことを知りました。私はその夏、予科練平和記念館という博物館に行き、そこで学芸員の方から説明を受けました。「回天」という兵器をご存じでしょうか?回天は、第二次世界大戦で使われた人間魚雷の名前です。記念館には回天についての展示があり、それを眺めていた私に学芸員の方が声を掛けてくださいました。まだ十四歳だった私に親切に説明をしてくださった姿に憧れを抱き、私も学芸員として働いてみたいと思うようになりました。予科練平和記念館には、実際に使われていた服や家族に書かれた手紙など、貴重な資料がたくさんあります。貴重な資料を大切に保管、展示し、こうして今を生きる私たちに伝えてくれる。それが学芸員という仕事の魅力なのではないかと私は考えています。


2021年10月12日火曜日

夏のオープンキャンパス ご報告!

文化史学科研究室です。

文化史学科と学生さんたちのご紹介
アンケート結果も集計して報告しました
全3回にわたってお送りいたしました「夏のオープンキャンパス」、たくさんの方にアクセスいただき、感謝申し上げます。



受験生の皆さんと学生さんが直接触れ合えたオープンキャンパスは7月だけでしたが、このブログ上でのオープンキャンパスを通じて、文化史学科のこと、文化史学科で学ぶ学生さんたちのことを、知っていただけたなら嬉しく思います。

先生方のインタビュー動画も、先生方のお人柄がよくわかるものに仕上がっています。
まだご覧になっていない方はぜひアクセスしてみてください!


文化史学科への入学を希望される皆さん!
受験勉強頑張ってください。
そして、入学式でお会いできることを楽しみにしております。


先生方のご紹介掲示





2021年9月19日日曜日

夏のオープンキャンパス パート3(9/19)

 9月19日(日)、大学では受験生向けのオンラインオープンキャンパスが開催されています。

人気の「学科紹介・模擬授業」のほか、学生生活のサポートや留学を支援する 教職員との「個別相談」も実施しています。
予約が必要なものもありますが、次の二つは予約なしでもご視聴いただけますので、このブログをご覧になられて気になられた場合は、ぜひ、清泉女子大学の公式ホームページよりアクセスしてみてください!

【予約不要でご視聴いただけるページ】
●総合ガイダンス
  清泉女子大学ってどんな大学‥?本学の概要についてご説明します。
●入試ガイダンス
 最新の入試情報についてご説明します。入試制度ごとのご視聴も可能です。

もちろん、今回も文化史学科では文化史ブログ上でオンラインオープンキャンパスを開催中です!

夏休み第三弾!は
  • 新たに4名先生方のご紹介ページ
  • 文化史学科の学生さんはどんな授業を取っているの?「私の時間割」
をご紹介します。

それでは、文化史学会の学生さんたちが作成したブログをお楽しみください!





受験生・保護者の皆様、こんにちは。
文化史学会です。
9月も残り10日ほどとなりました。いかがお過ごしでしょうか。

私たち文化史学会は、残暑にもコロナウイルスにも負けずに日々活動を続けております!
このような情勢で、多くの制限があり、大変かと思いますが、一緒に乗り越えていきましょう!

このブログでは、清泉女子大学の行事・文化史学科の特色を紹介します。
また、文化史学会が各行事でどのような取り組みをしているのかについてもご覧ください!










それでは、さっそく気になるトピックスをクリックしてみてください。

9/19(日)掲載


8/21(日)掲載



7/18(日)掲載